これで見つかる!電気製品自作パーツの探し方3選

  • 2021年11月29日

リサイクルショップではパーツや家電が豊富

電気製品を自作するとなればパーツ探しから始める人も多いのではないでしょうか。家電量販店を探し回ったけど見つからない!なんて人も少なくありません。リサイクルショップであれば、パーツを調達できる可能性があります。パーツを単品で販売しているショップもあるため、必要な物だけを手に入れることもできるのです。また、格安家電を購入し、分解して必要なパーツを取り出すといった方法もあります。分解することで内部構造を把握し、自作をするときの参考にすることも可能です。

ネットショップは検索しやすい

インターネット上の通販サイトには、電気製品のパーツを取り扱っているサイトも多くあります。専門サイトもあるため、欲しいパーツを見つけることも難しくありません。また、専門サイトによっては取り寄せが可能となる場合もあります。在庫がないときなどは、問い合わせてみるといいでしょう。人気のパーツだと取り寄せに時間がかかることもあるため、急ぎの場合は別のサイトなどでパーツをを探した方が無難です。

フリマアプリで探してみる

個人で簡単に出品することができるフリマアプリ。電気製品のパーツが出品されていることも多いです。パーツ単品や家電本体など、さまざまな商品が出品されています。中古だけでなく新品もあり、なかには生産が停止したレアなパーツが出品されていることもあります。フリマアプリによっては、値引き交渉が可能なため、出費を抑えてパーツを入手したいときに便利です。相場よりも安く買える可能性が高く、積極的に値引き交渉をしてみると、お得にパーツを入手できるかもしれません。

プリント基板設計には正しく電子回路を配置し、電流が正しく流れるように組み合わせることが大切です。絶縁体や、回路が通る穴の位置・大きさなどをよく理解する必要があります。