倉庫の仕事って大変なの?経験するとわかる魅力と注意点

  • 2021年11月27日

倉庫の仕事は作業が多い

倉庫は商品などを保管しておくところだから、仕事といっても見張り番をしていれば良いだけなのではないかと思う人もいるでしょう。確かに長い歴史を見ると倉庫番という仕事も存在していました。古代から中世、そして近代にかけてとても重要だった仕事です。しかし、時代は変わって倉庫番は必要がなくなってしまっています。倉庫番をするだけならセキュリティシステムを使えば良く、人件費という莫大なコストをかける必要はないと考えられるようになっています。そのため、倉庫の仕事はただ見張りをしているだけということはありません。実際に現場で働いてみると作業がかなりたくさんある仕事だとわかります。倉庫ではどのような仕事をすることになるのでしょうか。

倉庫の仕事は主に仕分け作業

倉庫によって現場の人材に求められる作業内容には違いがありますが、仕分け作業が主になっている現場がほとんどです。倉庫ではどこに何が保管されているかを確実に管理しなければなりません。いつどのようなものがどこから入庫され、出庫予定はいつなのかといったことを管理するのが重要です。倉庫に入庫があったときには受付をして荷物を預かり、その荷物の保管場所を決めて収納します。そして、出庫の要請があったときには荷物を倉庫から出してトラックなどに積むのが仕事です。場合によっては重機を利用して荷物の出し入れをすることもあります。小さいものの場合には手作業で運ぶこともあり、倉庫によって様子には違いがあります。

3PLは、サードパーティー・ロジスティクスの略語です。物流作業を自社で行わず、第三者企業に委託する業務形態のことを指します。